カテゴリ:マーベル ショーダウン( 4 )

ファンタスティック・フォー3.75

f0000065_22542946.jpg

 今回のご紹介は、「マーベル・レジェンド・ショーダウン」と「マーベル・ユニヴァース3.75」とのコラボ企画。

 題して「ファンタスティック・フォー3.75」です。

 マーベル・ユニヴァース3.75がリリースされたら、是非ともやってみたかったのが、このファンタスティック・フォー・メンバーの集合図。
先行してトイビズから発売されていたショーダウン版では、ヒューマントーチが”フレイム・オン!”の状態だったため、メンバー4人を集結させてみても、何か作り物のような
違和感がありました。でも、このたび、ノーマル状態のジョニー(ヒューマントーチ)がリリースされて、彼を加えることによって、やっとファンタスティックフォーが”らしく”なりました。しかも、今のところラインナップ中一番のイケメン野郎で、もう何もいうことないです!
f0000065_22545850.jpg

いつもベン(ザ・シング)をからかうジョニーの図。
f0000065_22552645.jpg

何かと物事を深く考えがちなリチャーズ(ミスター・ファンタスティック)の図(笑)。
スー(インビジブル・ウーマン)が、”クラッシク・インビジブル・ウーマン”とのことで、ちょっと蝋人形然とした表情なので、こういうシチュエーションにしてみました。
写真のスーは、白い手袋とブーツのヴァリアント。
f0000065_22555284.jpg

こちらは、マーベル・ユニヴァース3.75 Wave 1 のヴァリアントのヒューマン・トーチ。
このシリーズの素晴らしい点は、武器があれば武器パーツが付属し、また武器がないキャラでもエフェクト・パーツが付属している点です。
ジョニーがよくやる手のひらから炎を生じさせて放つアクションを再現してみました。
f0000065_2255572.jpg

最後は、超高温の完全なバーニング状態になったヒューマントーチ。
空も飛べて、火も放つ、ある意味で戦闘力の高いキャラです。




ミスター・ファンタスティック (Mr.Fantastic)
本名:リード・リチャーズ (Reed Richards)
チームのリーダーで、天才的な科学者。身体をゴムのように自在に伸び縮みさせることができる。常に冷静沈着で理性的。ゆえに、感情的になったメンバーと衝突することもある。Dr.ドゥームとは大学の同級生であった。

インヴィジブル・ウーマン (The Invisible Woman)
本名:スーザン(スー)・リチャーズ (Susan "Sue" Richards)
リードの妻で、ジョニーの実姉。身体を透明化することができ、テレキネシスの他に透明なエネルギーシールドをつくることができる。チームのサブリーダーで、現在は二児の母となっている。初期はインヴィジブル・ガールと名乗っていた。

ヒューマン・トーチ (The Human Torch)
本名:ジョニー・ストーム (Johnny Storm)
スーザンの弟。全身を高熱の火炎で包み、空を飛ぶことができる。両手から高熱火炎のファイア・ブラストを放つ。ベン(ザ・シング)とは良いケンカ友達。初期のころはスパイダーマンやX-メンのアイスマンとは、ティーンエイジャーヒーロー仲間だった。
ヒューマン・トーチと言う名のヒーローはジョニーで二代目であり、初代は第二次世界大戦中にインベーダーズとしてキャプテン・アメリカ達と共に戦ったアンドロイド。能力自体は、全く同じ。

ザ・シング (The Thing)
本名:ベンジャミン(ベン)・ジェイコブ・グリム (Benjamin "Ben" Jacob Grimm)
ゴツゴツしたオレンジ色の岩のような身体を持ち、無類の頑丈さと怪力の持ち主。無口でぶっきらぼうだが心優しい巨人。元空軍のテストパイロットの宇宙飛行士。リード夫妻とは大学時代からの友人。
他の3人とは違い人間の姿に戻ることは出来ず、自分の醜い風貌に深く悩んでいたが、アリシアとの出会いから、その悩みを克服した。戦闘開始の雄叫びは「さあ、ぶっつぶしてやるぜ!」といった意味の英語の台詞(日本語訳で放送されたアニメ『宇宙忍者ゴームズ』(後述)では「ムッシュムラムラ!」)。ハルクと正面切って殴り合えるほどのパワーを持っている。

上記のキャラクター紹介は、
ファンタスティック・フォー - Wikipediaより抜粋させていただきました。
[PR]
by microtoys | 2009-03-21 22:58 | マーベル ショーダウン

「ショウダウン・ゴーストライダー レビュー」「ショウダウン・ゴーストライダー レビュー」

マーベルレジェンドショーダウン ゴーストライダー&1/18 アイアンチョッパー
 最近は冬なのに、夏みたいな気候になったりして、地球温暖化の影響でしょうか?
「怖いなぁ~」と思うと同時に、「どこか南の島でも行きたいなぁ」と思う、おバカな私です(笑)。

f0000065_15532426.jpg
 本日のご紹介アイテムは、「マーベルレジェンドショーダウン ゴーストライダー」と「トイザらス限定商品 1/18 アイアンチョッパー」です。現在、ハズブロからの新商品の「マーベルユニバース3.75inch」が発売中で、かなり盛り上がっていると思いますが、
ゴーストライダーは、まだ、そのラインナップには入っていないので、そのアイテムを使ってのコラボです。
 もうすでに、何人かの方が入手されていて、レヴューされているので、当ブログではフィギュアの詳細ではなく、主として他のアイテムとの組み合わせを紹介したいと思います。



遊慈のEasy Life 「ショウダウン・ゴーストライダー レビュー」

ミクロの百日間戦争 マーベル・レジェンド・ショウダウン「ゴーストライダー」

f0000065_15564473.jpg

頭部は、本来オレンジのクリアー・パーツに、どくろ顔のペイントを施したもの。それでも違和感なく塗料が載っているのでスゴイです。
ブースター・パック版は、ライダーパック版と異なり、ライダーズ(皮ジャン)のデザインも、立ち襟のさらにハードな雰囲気のものとなっています。一方でそのおかげで、顔がよく見えないことが多いため、写真写りは難しいキャラとなっています。
f0000065_15582011.jpg

バックから見ると、ライダーズの各縫い代部分が掠れたようになっており、まるでストーン・ウォッシュ加工でも施したかのような、素晴らしい塗装処理となっています。
f0000065_1621679.jpg

f0000065_16323272.jpg

 まずは、この写真。奥に立っているのは、以前にもご紹介した「メズコ ヘルボーイ2 ゴールデン・アーミー」3.75" アクション・フィギュアBOX-SET」のウィンクです。ストーリー的に、同じく”ダークサイド”をテーマにしていることから合わせてみました。
敵役としてピッタリかも。
 これを見ればもうおわかりの通り、このフィギュアはかなり大きいんですね~。
 ウィンクもかなりの大きさがありましたが、全高だけなら、このゴーストライダーも負けていません。
f0000065_1695671.jpg

こちらは、ウィンクに付属のハンマーを持たせてみました。ゴーストライダーには、本来チェーンの武器があるので、今度何か細いチェーンを手に入れてみたいところです。
f0000065_1612662.jpg

 こちらは、トイザらスでのみ販売されている「1/18 アイアンチョッパー」です。日本でもハーレー・ブームでもうお馴染みにになった、ハーレーのカスタム「チョッパー・バイク」のバイク・モデル・コレクションです。
お店の中で、ミニカーやモデルカーのコーナーに普通に置いてある品物で価格は\499。かなり良心的なお値段の商品です。私もたまにトイザらスに行ったときに手に取るのがとても楽しみな商品です。
ラインナップは数種類あり、中にはフレームを換装して別のチョッパースタイルを楽しめるタイプもあります。
今回ご紹介のこちらのチョッパーは、その中でも最大の大きさのアイテムです。
f0000065_1613497.jpg

エンジンは、シリンダーケースが2つもあります。相当なパワーがありそうですね。
ボディはい一部大キャストを使用しているため、ずっしりとした重量感があります。
普通のバイク・トイなので、スタンドをかけるくらいのギミックしかありませんが、シルバーという色合いがミクロにもマッチしやすい逸品です。
f0000065_16144787.jpg

後輪は自動車のタイヤ並みの太さがあり、圧巻です。
f0000065_16185077.jpg

ライディングさせてみました。手は握り拳状なので、ハンドルを握ることはできません。
正確には、”乗れている風”というところでしょうか(笑)。
f0000065_16192163.jpg

ハンドルを握れないことと、ステップがかなり上の方にあるため、足が長すぎてステップに足を置くことができません。
でも、写真写り的にはこれでちょうどよいサイズのように見えますね。
現在、やや入手難品のライダーパック版の「ヘルバイク」は、かなりちゃちな印象なので、もろもろ難点はありますが、
ブースター・パック版にこちらのバイクをあてがってやって、これで「ヘルバイク」としたほうがカッコいいかもしれません。
f0000065_16194857.jpg

最後は、付属のランチャーを装備したところの合成画像。エンジンの気筒を彷彿とさせるような機械的なデザインとなっています(笑)。
能力的には、ゴーストライダーに、ここまでの火災を起こす力はないかもしれません。

個人的には、ハズブロの「マーベルユニバース3.75inch」でも、ちょうどよい大きさのゴーストライダーの立体化を期待しています。もちろん手慣れたハズブロの手法で、ヘルバイクともどもの商品化を強く願っています。
[PR]
by microtoys | 2009-02-15 16:36 | マーベル ショーダウン

マーベルレジェンドショーダウン ヴェノム

f0000065_2236973.jpg

 今回のアイテムは、以前にも当ブログにチラリと登場したことのある
「マーベルレジェンドショーダウン ブースターパック4 ヴェノム」。
 スパイダーマンとマーベルコミックスの世界では、ヴィラン(敵キャラ)ながら、非常に人気のあるキャラクターです。
f0000065_2237492.jpg

フィギュアの関節各部はかなりシッカリ目にキツキツです。

 地球外生命体で、寄生型生物である「シンビオート」は、1度はスパイダーマンであるビーターのスパイダー・コスチュームに憑依、ピーターに爆発的なパワーと高揚感をもたらした。ピーターは、一時はこの力に魅せられ、力の虜となるが、やがて、徐々に自分の精神と肉体が、この得体の知れない何かに蝕まれつつあることに気づく。心やさしいピーターも、いつの間にか、好戦的で暴力的なな人間へと変わっていたのだ。
 意を決したピーターは、コスチュームを脱ぎ捨てようとした。「シンビオート」は、もはやコスチュームと同化しつつあったが、寄生対象は、あくまで生物体であるピーターであったので、よりどころを失い逃走する。
 しかし、「シンビオート」の最も危険な性質は、寄生した対象の持つ能力をコピー・倍加して、自分のものとすることであった。そればかりか、その能力は、次の寄生体の能力として受け継がれてしまう点であった。
 そしてここに、仕事を失い、スパイダーマンに逆恨みの激しい憎悪の念を持つ新聞記者がいた。この男にとって、このスパイダーマンと同じ能力を、いやそれ以上の力をもたらすこのブラック・コスチュームとの出会いは、まさに運命でしかなかった。
f0000065_22383585.jpg

いかにも凶悪そうで、ヴィランらしい、ヴィラン存在の象徴ともいえるキャラクター。
f0000065_22391087.jpg

ミサイルランチャーは、他のキャラクターに付属のものと大きく異なり、
かなりセンスよく塗り分けがされている。開発側もこのヴェノムに関しては、
並々ならぬ気合いが入っているようです。
f0000065_2223823.jpg

ランチャーを装備。あまり知的な装備は似合いません(笑)。
f0000065_22393693.jpg

同じショーダウンのスパイダーマンとの比較。体格的に圧倒しています。

やっと、管理人のウチにも「光」が開通しました。
接続スピードは速くなりましたが、まだ有線接続なので、
我が家では、テーブルに落ち着いてすることができないので、とても不便です。
今月いっぱいくらい、パソコンごとに追われそうです。
[PR]
by microtoys | 2009-01-12 22:12 | マーベル ショーダウン

マーベル・レジェンド・ショーダウン エレクトラ

マーベル・レジェンド・ショーダウン エレクトラ
f0000065_15423725.jpg
 本日のご紹介アイテムは、当ブログとしては久しぶりの「マーベル・レジェンド・ショーダウン」のアイテム「エレクトラ」です。
 まぁ、ショーダウンのフィギュアは、ほかの記事で、ちょこちょこ登場していますが、まともに取り上げるのは2年ぶりくらいになると思います。
 元々、HPのショーダウンのコンテンツを、合成画像を2、3枚挿入する形で作っていたので、そのネタを考えるのが大変で、コンテンツを作った本人が少し敬遠していたのが理由です。
 今回、「FOR SALE」にエレクトラを掲載していることもあり、また、ご紹介されている個人の方のサイトも見受けられないので、一応「見本」としての画像を撮りおろしました。スターゲイトの残りのフィギュアについては、1回お休みして、また次回取り上げようと思っています。
 このアイテムは、「ブースターパック アソートメント3」に属していて、他のラインナップは、

グリーンゴブリン
ビースト
ジャガーノート
シルバーサーファー

となっています。
f0000065_15465287.jpg

このうち、ヴァリアントと呼ばれる、造型違い、または彩色および成型色違いのアイテムが存在するのが、

ビースト
ジャガーノート
エレクトラ

で、ヴァリアントが存在するキャラが最も多いのが、このアソートメント3ということになっています。また、パッケージ裏のラインナップ画像に、ヴァリアントのビーストと同じく、口を閉じたノーマルカラーのビーストが掲載されていますが、このアイテムが存在するのかどうかは、よくわかっていません。
f0000065_15482968.jpg

 このエレクトラ、実は同じくマーベル・コミックス作品の「デアデビル」のヒロインでもあるようで、マーベルファンとしては、そういう点からも、このシリーズをコレクトする楽しみがあるようです。
f0000065_16144298.jpg

 管理人は、2年前に、映画「デアデビル」と「エレクトラ」の両方を見ました。エレクトラを演じたのは、両作品ともジェニファー・ガーナーで、時間的に後に製作された映画版「エレクトラ」は、ジェニファー・ガーナー本人の出演の申し出で、主演となることが決定したようです。確か、メイキング・プロモで、アクション・シーンが多いため、生傷の絶えない撮影だったとかたっていたのを覚えています。
f0000065_15504577.jpg

 内容的には、「デアデビル」のほうが、実際に街に存在してもおかしくないような、リアルな悪党キングピンだったのに対し、「エレクトラ」の方は、ガラリと趣が
変わって、「ザ・ハンド」というオカルティックな要素のある秘密結社が敵という、原作を読んでいないものにとっては、エッという展開でした。
 ただ、この映画版「エレクトラ」のジェニファー・ガーナーは、本当にキレイだったので、コチラの方を、造型したショーダウンも出して欲しかったなぁと、今でも思っています。
f0000065_1691870.jpg

 アイテムは、「マーベル・レジェンド」版のエレクトラと比較して、彼女の最も愛用している武器・サイと忍者刀が付属していないという残念な点もありますが、股関節当たりの可動箇所が多いので、ポージング的には、かなり自由度が高くなっています。また、コスチュームも「レジェンド」版が、レオタードの上に、長い腰布を巻いていたのに対し、「ショーダウン」版は、レオタードのみとなっています。頭にターバンを巻いているのは、両社に共通の造型です。
f0000065_15521887.jpg

ミサイル・ランチャーは、コスチュームに合わせて、純白です。
f0000065_15533528.jpg

スタンドは、カラーが白に。愛用の武器サイがデザイン・モチーフに。
f0000065_15541418.jpg

写真は、デアデビル・ファリアントとの2ショット。カップルでフィギュア化とは、羨ましいですね(何がだ?)。



Elektra
美しき暗殺者 エレクトラ

本名:エレクトラ・ナチオス
所属:キマグレほか

能力:熟練した剣術や格闘技術など
解説:デアデビルのヒロインでありパートナー

『エレクトラ』 公式サイトhttp://movies.foxjapan.com/elektra/top.html

------------------------------------
監督:ロブ・ボウマン
製作:アーノン・ミルチャン/ゲイリー・フォスター/アヴィ・アラド
製作総指揮:スタン・リー/マーク・スティーヴン・ジョンソン/ブレント・オコナ

<キャスト&スタッフ>
エレクトラ…ジェニファー・ガーナー(岡 寛恵)
スティック…テレンス・スタンプ(小林清志)
アビー…カーステン・プラウト(新谷良子)
マーク…ゴラン・ヴィシュニック(寺杣昌紀)
ストーン…ボブ・サップ(朝倉栄介)

「デアデビル」から飛び出した、美しき刺客!NEWアクション・ヒロインの誕生。

デアデビルとブルズアイとの戦いに巻き込まれ命を落としたエレクトラは、善の戦士の集団“キマグレ”のリーダー、スティックの手で蘇った。彼の指導のもと、武術や銃のエキスパートとして成長を遂げた彼女は、ある日謎の忍者組織“ザ・ハンド”から逃れた少女アビーとその父マークと出会う。アビーに昔の自分を重ね、2人に好意を抱いていくエレクトラ。そんな中、“ザ・ハンド”は、彼らを亡き者にしようと5人の刺客を放っていた。エレクトラは強敵を倒し、アビーたちを救うことが出来るのか?
[ 2005年6月4日公開 ]

映画の内容の紹介は、goo 映画の記事から抜粋させていただきました。
[PR]
by microtoys | 2008-11-13 16:16 | マーベル ショーダウン



HP microtoysの管理人日記
by microtoys

管理人のご挨拶

ここでは(株)タカラのおもちゃ
「ミクロマン」を中心とした
「ギャラリー」系サイト「micro-toys」の管理人「keiten29」の
日常生活やおもちゃに関する情報、おもちゃの購入記録などを
同じ趣味の人たちに向けて発信しています。
ビジターの方はご意見ご感想など
お気軽にコメントください。

リンク
micro-toys

イシダーネット カフェ

小さな玩具溢れる部屋

Automat.exblog.jp

ミクログ

ホビーさんブログ

遊慈(ゆうじ)のEasy Life

ひろ林檎ブログ

ちいさな窓のある家

ミクロの百日間戦争

ぶっちぎり!トランスフォーマーベル



以前の記事

お気に入りブログ

最新のトラックバック

マダンゴッドレオン(魔弾..
from ひろ林檎ブログ
マダンゴッドレオン(魔弾..
from ひろ林檎ブログ
ジャスティスリーグ・ザ・..
from ホビーさんブログ
乗り物〓 G.I.JOE..
from ホビーさんブログ
トランスフォーマー
from ちょっとした玩具の意味をご紹介

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧