カテゴリ:TMNT( 2 )

ミニ・ミュータンツ パレオ・パトロール・シリーズ

お知らせ

 いつもご愛顧いただいております当ブログですが、本年5月17日の更新を持って”最終更新日”とし、クローズさせていただきたいと思います。
いつもご覧下さっているみなさまもご存じのとおり、昨今は当方が求めるような海外の玩具が非常に増えており、また、それらを扱うお店も以前と比べてだいぶ多くなってきました。
現在では、今まで以上に、みなさまも、比較的容易に希望する輸入玩具を手にしておられることと思います。
 また、管理人のこのところの興味が画像編集ソフトを用いた画像の加工に移ってきており、新しいソフトの習熟などに大変苦慮しております。
今後は、サイト運営をHPマイクロトイズのみとし、おもちゃを通しての新しい表現方法を模索していきたいと思います。
つたないHPではございますが、今後もより良いページ作りに励んでまいりたいと思っております。



f0000065_1254326.jpg
「PALEO PATROL LEO vs SCORPION」

 本日のご紹介は、米プレイメイツ社のアイテム「ミニ・ミュータンツ パレオ・パトロール・シリーズ」のラインナップから「パレオパトロール・レオ vs スコーピオン」と「パレオ・パトロール・ラルフ vs ウィングド・ディノ」です。
こちらのシリーズは、現在国内でも入手可能です。
管理人は、これを1パックUS$3.99で安売りしていたので、8個まとめて購入しました。
このシリーズ、タートルズのメンバーの数に合わせて、1シリーズ4種となっており、1パックに必ずタートルズ・キャラが1体とヴィランの組み合わせで封入されています。
タートルズのフィギュアは毎回同じような感じかというとそうでもなく、毎回甲羅やコスチューム、武器、手足のサポーターなどの造形と彩色が異なっています。
もともと、このシリーズは、タートルズ・フィギュアにおいてはデフォルメ感が少なく、また、ビークルもリアル路線の造型で3.5インチ・サイズのフィギュアとの相性も良かったので、セコセコと集めておりました。
ビークルものは、全部は紹介できておりませんが、一部はHPのほうにアップしてあります。
購入したもう一方は、「エクストリーム・スポーツ」というシリーズで、こちらは日本未発売の商品です。
タートルズ・キャラ、ヴィランそれぞれにスノボやローラーブレードなどのスポーツ・ギアが付属しているユニークなアイテムたちです。
もともとは、US$7.99 で売っていたようですが、何故か値下げ。向こうでは定価そのものも安く売っているんですね~。
f0000065_1362778.jpg
「PALEO PATROL RALPH vs WIGED DINO」

今回のご紹介シリーズである「パレオ・パトロール」の”パレオ”とは、”古代の”という意味で、さしずめ”古代のパトロール”というところでしょうか。
ヴィランも、いつもの本編登場のキャラではなく、恐竜や昆虫たちです。

今回の撮影は、
\100ショップのダイソーで購入したコルク製のカット・マットを使用しています。
昆虫などのオドロオドロした者の背景には面白いかと思いまして、
f0000065_13274849.jpg

f0000065_1255865.jpg

こちらがすこーピオン。なんと、上体を起こした姿勢なんです!
前足群は、パフ・パフ可動します。
f0000065_1256577.jpg

バックから。
鎌のような形状の尻尾が根元から横ロールで可動します。
f0000065_12564952.jpg

白いタンクトップに青い帽子と靴。
レオナルドのいつもの武器である”日本刀”も古代ということでダガーになっちゃっています。
f0000065_1258213.jpg

バックから。白いタンクトップに合わせて、甲羅も白です。オシャレ!!
f0000065_12584270.jpg

レオ:「出たなバケモノが!」
f0000065_1259662.jpg

「バトル!!」
レオ:「足が多すぎて戦いづらいぞ!手強いな!」


f0000065_12595139.jpg

こちらは「ウィングド・ディノ」つまり”翼竜”。
背景はコルク板をひっくり返しただけです(笑)。
f0000065_1301465.jpg

色はキレイなピンクに近いカーマイン・レッド。
尻尾も可動します。
f0000065_1304761.jpg

白い数珠のネックレスに紐で編んだハーネス、荒縄を腰や手足に巻きつけています。
足もともワイルドに”はだし”。
ラファエロのいつもの武器である”サイ”も片方は木製、もう片方は、骨製になっちゃっています。
f0000065_1311324.jpg

甲羅はその上に、カブトガニのような別の甲虫類の殻をくくりつけてあり、さながらバックパックのような様相を呈しています。
f0000065_1314846.jpg

ラルフ:「出やがったなバケモノめ!」
f0000065_1321565.jpg

「バトル!!」
ラルフ:「こいつ、手を押さえやがって生意気な!」

あまりにも小ぶりなアイテムなので、興味を持たれる方は少ないと思いますが、造型的にも凝っていてとても良い出来のおもちゃです。


キャラクター解説

レオナルド (Leonardo)
青ハチマキを装着、ベルトのバックル文字はL(1987年アニメのみ)。タートルズのリーダー。冷静で真面目な性格、事実上彼が主人公(+仲間のボケに対するツッコミ)に回る事が多い。刀の達人(二刀流で戦う)。初期はトンファーを用いていたこともある。ドナテロの迷い込む30年後の未来では盲目になっている。

ラファエロ (Raphael)
赤ハチマキを装着、ベルトのバックル文字はR(1987年アニメのみ)。皮肉屋で、自分でも、認めているぐらい短気。2007年でのアニメでは、自分の忍術が一番強いと思っているので、敵を見つけるとすぐに、つっこんでいく。その割にはミケランジェロ以上に大ボケをかます事もある。サイの達人。
1987年版日本語吹き替えでの性格はクールで陽気な気紛れ屋という設定だったが、2003年版では、よりワイルドな性格になっている。マシンの操縦をする事が多い。ドナテロの迷い込む30年後の未来では隻眼になっている。

『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズWikipedia』より
[PR]
by microtoys | 2009-04-19 13:29 | TMNT

ちっちゃなタートルズのビークル・セット

f0000065_1641915.jpg

本日ご紹介するのは、米国プレイメイト社製「MINI MUTANTS」シリーズの「RAPHAEL'S MOTO-CYCLE」。
日本未発売商品です。
今年の3月末まで、TV東京系列で「ミュータント・タートルズ」が放映されていましたが、
視聴率も芳しくなく、またタカラトミーよりリリースされていたおもちゃも
同じプレイメイト社製のものだったのですが、6インチという、日本では、あまりコレクタブルではないサイズのものだったので、
当初のリリース予定だった追加投入のラインナップも発売見送りとなり、ファンの人は、さぞガッカリしたことだと思います。
アメコミというのは、日本にあっては、今ひとつウケが悪いですからね~。
私も時々、海外からおもちゃを買うような習慣がなかったら、まず、あまり興味は持たなかったと思います。
f0000065_16431464.jpg

f0000065_1645870.jpg

このシリーズがリリースされていることに気づいたきっかけは、向こうのオークションでした。
当初見たものは、プレイメイト社製のものではなく、違うレアなレーベルのものだったのですが(ちょっとド忘れしました)、
中身はやはり、プレイメイト社製のものでした。
最初に見たものは、タートルズ・キャラと敵役キャラのフィギュア2体セットでしたが、
調べていくうちに、ビークルも存在することがわかりました。
また、それだけにとどまらず、、タートルズ・キャラと敵役キャラのフィギュア2体が同梱された
「LEO'S NINJA DOJO」や「RAPH'S PUMKIN GYM」のようなプレイセットも存在し、
なおかつ、このプレイセットは横に、まるで町のように連結可能であることがわかりました。
今回ご紹介する「RAPHAEL'S MOTO-CYCLE」は、色違いの青いバイクがセットされた「LEONARDO'S MOTO-CYCLE」と同系のものです。
価格は、向こうの値段でU.S$15.9ほどです。当初は、数点まとめての輸入を考えましたが、日本でも1件販売していたので、輸入コストを考えると、
国内で入手したほうが早いと考え、何点か違うアイテムとともに、まとめ買いしました。
ちなみに価格は¥2200だったと思います。

フィギュアの全高はなんと6㎝。これは平成ミクロマンのマグネ・パワーズの8㎝よりも2㎝も低いサイズです。
さすがに、このサイズですから可動は少なく、頭、肩の付け根、足の付け根、手首の7ヶ所です。
フィギュアの出来は、多少デフォルメされていて、手首が大きいですが、タートルズ・キャラは、かなりグッド・プロポーションで許容範囲です。
レオナルド、ラファエロ、ミケランジェロ、ドナテロと4人の個性に合わせて
体色や目隠しのハチマキ、顔の表情などが少しずつ異なっていて、シッカリと区別されています。
また、4人の愛用の武器もそれぞれに付属しています。
f0000065_16462698.jpg

写真は、平成ミクロマンの「レッド・パワーズ ミクロバイク ライダー・アーサー」との比較ショット。
かなりちっちゃいですね。ガチャポンのカプセルに入ってしまいそうです。
でも、ビークルのサイズは、どちらかというと、「マグネ・パワーズ」や「ミクロ・シスター」にちょうどいいサイズなんですよ。
ラファエロを乗せると足が届かないので、足を置くステップは、かなり高い位置に設けられています。
バイク自体は、日本でタカラトミーが販売していた「タートルズ・バイク」よりも、アニメ本編のイメージに近いものとなっています。
エンジン部分の造りこみや塗装は、とてもキレイで高級感があります。
本アイテムのほか、ブリスターもののビークルは、すべてゼンマイを内蔵していて、プル・バック走行が可能です。
走らせてみると、勢いよく飛び出し、ひさびさの動いてくれるビークルにちょっと感動してしまいます。
f0000065_16475254.jpg

ボーナス・パーツとして、道路に置くパイロン(1個はなぜか、先が曲がっている)と、ジョイントで結合して組み立てる、
簡単なジャンプ台が付属しています。飛び越える距離はほんの5㎝ほでですが、コレが中々成功しません。

写真がだいぶ上のほうになっちゃいますが、ライダー・アーサーを乗せたところも撮ってみました。
ハンドルのグリップは、デフォルメした手首に合わせて太いので、握らせることが困難です。
どちらかというと、シスター素体のやわらかい手首のほうが握らせやすいかもしれません。

次回もまた、このシリーズのビークルを紹介しようと思います。
[PR]
by microtoys | 2008-05-04 16:55 | TMNT



HP microtoysの管理人日記
by microtoys

管理人のご挨拶

ここでは(株)タカラのおもちゃ
「ミクロマン」を中心とした
「ギャラリー」系サイト「micro-toys」の管理人「keiten29」の
日常生活やおもちゃに関する情報、おもちゃの購入記録などを
同じ趣味の人たちに向けて発信しています。
ビジターの方はご意見ご感想など
お気軽にコメントください。

リンク
micro-toys

イシダーネット カフェ

小さな玩具溢れる部屋

Automat.exblog.jp

ミクログ

ホビーさんブログ

遊慈(ゆうじ)のEasy Life

ひろ林檎ブログ

ちいさな窓のある家

ミクロの百日間戦争

ぶっちぎり!トランスフォーマーベル



以前の記事

お気に入りブログ

最新のトラックバック

マダンゴッドレオン(魔弾..
from ひろ林檎ブログ
マダンゴッドレオン(魔弾..
from ひろ林檎ブログ
ジャスティスリーグ・ザ・..
from ホビーさんブログ
乗り物〓 G.I.JOE..
from ホビーさんブログ
トランスフォーマー
from ちょっとした玩具の意味をご紹介

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧