<   2009年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

X-MEN タカラ/TOYBIZ Xパワーシリーズ Xパワーブルード

f0000065_23443823.jpg
 今回のご紹介アイテムは、以前にもご紹介した「X-MEN タカラ/TOYBIZ Xパワーシリーズ」のラインナップの中の1つ「Xパワーブルード」です。
本アイテムは、折りを見て別の機会にご紹介しようと思っていました。その理由は、こちらのアイテムは、5インチながら、同シリーズのフィギュアとスケールを同一にしているのかどうか、ちょっと疑問に思っていたからです。
 ブリスター台紙の裏面の解説を見ると、『人類が出会った最も恐ろしい異星人。銀河系の列強種族のひとつで、それ自身が生物の「生体宇宙船」に乗って太陽系に侵攻してきた。他の生物の体内に卵を産みつけ、その生物を乗っ取って繁殖する』となっています。
コミックでは、『UNCANNY X-MEN 』というしいリーズに、登場していたようですが、コミックを読んでいないので、どういう風に描かれていたのかわかりません。
 そこで「ブルード」のいろいろな画像を調べてみますと”人間を捕えて骨までしゃぶりつくすようなイラスト”や、”集団で街を席巻して人々に襲いかかるシーンのイラスト”があり、そこに描かれている「ブルード」の大きさは、結構大きいような印象を受けました。
しかし、この「Xパワーシリーズ」のラインナップの中では、立派な体格の人が多いため(笑)、その気になれば簡単に「ブルード」をぶっ飛ばせちゃうような、つまり、同シリーズのラインナップにあってはスケール感が正しく反映されておらず、少々小ぶりに造られていると感じました。
 そこで管理人は、コレを3.75インチのX-MENの”ヴィラン”にしようと思い立ちました。ヒーローはやっぱり、”ヴィラン”あってこそですから。
f0000065_23463247.jpg

夜の帳が下りたとき、そいつはやって来る!
f0000065_2347425.jpg

バック・ヴュー。尻尾が可動します。
f0000065_23473720.jpg

X-MEN との邂逅。
f0000065_23481376.jpg

サイクロプッスに襲いかかるブルード。たぶん、絶対じゃないですけど、人間と比べてこれくらいの大きさのような気がします。
f0000065_23484972.jpg

ガブッと噛みつけば、人間の頭を一飲みにできてしまう大きな口。
f0000065_23492992.jpg

ウルバリンと対決!
本当は、「オプティック・ブラスト」のあるサイクロップスの方が戦いやすいんでしょうが、写真的にはウルバリンのほうがネタにしやすいです。
f0000065_2351974.jpg

飛んでくるブルードに向かって、コロッサスが車を持ち上げて投げつけているイラストを参考に画像加工してみました。
さすがに、車は無理です(笑)。
ギミックは、背中のボタンを押すと口を開き、羽を羽ばたかせる”はばたきアクション”があります。今回の撮影では、輪ゴムをボディに回してボタンを押しっぱなしにしました。
[PR]
by microtoys | 2009-03-28 23:53 | X-MEN

ファンタスティック・フォー3.75

f0000065_22542946.jpg

 今回のご紹介は、「マーベル・レジェンド・ショーダウン」と「マーベル・ユニヴァース3.75」とのコラボ企画。

 題して「ファンタスティック・フォー3.75」です。

 マーベル・ユニヴァース3.75がリリースされたら、是非ともやってみたかったのが、このファンタスティック・フォー・メンバーの集合図。
先行してトイビズから発売されていたショーダウン版では、ヒューマントーチが”フレイム・オン!”の状態だったため、メンバー4人を集結させてみても、何か作り物のような
違和感がありました。でも、このたび、ノーマル状態のジョニー(ヒューマントーチ)がリリースされて、彼を加えることによって、やっとファンタスティックフォーが”らしく”なりました。しかも、今のところラインナップ中一番のイケメン野郎で、もう何もいうことないです!
f0000065_22545850.jpg

いつもベン(ザ・シング)をからかうジョニーの図。
f0000065_22552645.jpg

何かと物事を深く考えがちなリチャーズ(ミスター・ファンタスティック)の図(笑)。
スー(インビジブル・ウーマン)が、”クラッシク・インビジブル・ウーマン”とのことで、ちょっと蝋人形然とした表情なので、こういうシチュエーションにしてみました。
写真のスーは、白い手袋とブーツのヴァリアント。
f0000065_22555284.jpg

こちらは、マーベル・ユニヴァース3.75 Wave 1 のヴァリアントのヒューマン・トーチ。
このシリーズの素晴らしい点は、武器があれば武器パーツが付属し、また武器がないキャラでもエフェクト・パーツが付属している点です。
ジョニーがよくやる手のひらから炎を生じさせて放つアクションを再現してみました。
f0000065_2255572.jpg

最後は、超高温の完全なバーニング状態になったヒューマントーチ。
空も飛べて、火も放つ、ある意味で戦闘力の高いキャラです。




ミスター・ファンタスティック (Mr.Fantastic)
本名:リード・リチャーズ (Reed Richards)
チームのリーダーで、天才的な科学者。身体をゴムのように自在に伸び縮みさせることができる。常に冷静沈着で理性的。ゆえに、感情的になったメンバーと衝突することもある。Dr.ドゥームとは大学の同級生であった。

インヴィジブル・ウーマン (The Invisible Woman)
本名:スーザン(スー)・リチャーズ (Susan "Sue" Richards)
リードの妻で、ジョニーの実姉。身体を透明化することができ、テレキネシスの他に透明なエネルギーシールドをつくることができる。チームのサブリーダーで、現在は二児の母となっている。初期はインヴィジブル・ガールと名乗っていた。

ヒューマン・トーチ (The Human Torch)
本名:ジョニー・ストーム (Johnny Storm)
スーザンの弟。全身を高熱の火炎で包み、空を飛ぶことができる。両手から高熱火炎のファイア・ブラストを放つ。ベン(ザ・シング)とは良いケンカ友達。初期のころはスパイダーマンやX-メンのアイスマンとは、ティーンエイジャーヒーロー仲間だった。
ヒューマン・トーチと言う名のヒーローはジョニーで二代目であり、初代は第二次世界大戦中にインベーダーズとしてキャプテン・アメリカ達と共に戦ったアンドロイド。能力自体は、全く同じ。

ザ・シング (The Thing)
本名:ベンジャミン(ベン)・ジェイコブ・グリム (Benjamin "Ben" Jacob Grimm)
ゴツゴツしたオレンジ色の岩のような身体を持ち、無類の頑丈さと怪力の持ち主。無口でぶっきらぼうだが心優しい巨人。元空軍のテストパイロットの宇宙飛行士。リード夫妻とは大学時代からの友人。
他の3人とは違い人間の姿に戻ることは出来ず、自分の醜い風貌に深く悩んでいたが、アリシアとの出会いから、その悩みを克服した。戦闘開始の雄叫びは「さあ、ぶっつぶしてやるぜ!」といった意味の英語の台詞(日本語訳で放送されたアニメ『宇宙忍者ゴームズ』(後述)では「ムッシュムラムラ!」)。ハルクと正面切って殴り合えるほどのパワーを持っている。

上記のキャラクター紹介は、
ファンタスティック・フォー - Wikipediaより抜粋させていただきました。
[PR]
by microtoys | 2009-03-21 22:58 | マーベル ショーダウン

TF ギャラクシーフォース USAエディション モールダイブ

 今回のアイテムは、「TF ギャラクシーフォース USAエディション モールダイブ]。海外名は、「MENAISOR」です。
 放映当時、番組後半に登場したため、商品の販売が見送られ、放送終了後「e-hobby」にて限定販売されたものです。劇中では、惑星ギガロニアのエピソードに登場、のっけから「メガロコンボイ」に反発してケンカをしかける荒っぽいTFとして、その存在を示しました。しかし、本編終盤に改心してサイバトロン戦士となり、ギガロコンボイやメガロコンボイらとともにデストロンと戦いました。劇中では、ギガロコンボイに勝るとも劣らない巨大な姿で描かれていましたが、実際に立体化された商品は「フレイムコンボイ」などと同じ「ボイジャー・クラス」でした。
 そのため、米国での販売ブランドも「TRANSFORMERS CYBERTRON(プライマス発売以降のPRIMUS UNLEASED)」となり、当時確かUS$29.99で販売されていました。同一のラインナップの中に、日本では未発売のオレンジ色の「ランドパレット」があったため、当時購入を検討していましたが、お金がかかってしまうのでやむなく諦めていました。その後、「e-hobby」にて販売されていましたが、あまり売れなかったのか、2年ほどたってから20%オフになったので、「ブレンダル(QUICK MIX)」と一緒に、家内に頼んでクリスマスに買ってもらいました。
 見た途端、「コレ販売されたら欲しーい!!」と思ったアイテムなので、いパン販売されなかったのがとても残念に思っていましたが、何年か越しに、ようやく手にすることができました。
f0000065_2136016.jpg

比較的単純な変型機構のため均整のとれたスタイルとなっており、手足のボリューム感など主役級に匹敵する統一感があります。
f0000065_2137386.jpg

ビークルモード
巨大な”特殊工作車”という設定ですが、あの”木馬”型でもあり、見ようによっては”ランドシップ”のようにも見えます。
フロント・ノーズの装甲など、B級SFによくある”突貫工事で造った装甲車”のような趣があります。
f0000065_21435116.jpg

この装甲は、中央から観音開きで開き、パートナー・マイクロンのブルブルを格納することができます。「TF マイクロン伝説」のときのように、マイクロン遊びができるのも、ギガロニナTFの魅力の1つとなっています。
f0000065_21442645.jpg

パートナー・マイクロンのブルブル発進!
f0000065_21451191.jpg

ブルブルは、ロボット・モードに変形しても、モールダイブの胸のハッチが開閉して、中に格納することもできます。
このスペースに、ミクロマン マグネパワーズのアクロイヤーを座らせた状態で入れられないものかと試してしみましたが、ダメでした。
f0000065_21454094.jpg

パートナー・マイクロンのブルブル格納!
f0000065_2146558.jpg

ワークモード
商品には、海外版の説明書がそのまま封入されているため、日本版のメガロコンボイでは見受けられなかった、中間形態の表記があります。
それを再現したのがこちら。姿勢を低くした安定感のある形態です。ウォーカーマシンみたいです。
通常のロボット・モードは「アタック・モード」と呼ばれています。
f0000065_21463325.jpg

フォースチップ・イグニッション!!
単4電池2本使用して、イグニッション時のライト&サウンド・ギミックが楽しめます。
ドリルが回転するかと思いきや、手動で回転。ドリルは代わりに光ってくれました。
f0000065_214711.jpg

マイクロンと合体!!
マイクロンと合体することで右腕は、ニードル両脇のクローがハサミ状に展開、戦闘力がアップ!?します。
f0000065_21482742.jpg

フェイス・マスクが伝統的なアクロイヤーを彷彿とさせるものなので、レッド・パワーズのアクロイヤーを合わせてみました。
中央:総統アクロイヤー・ゼノン
左右:マシン・アクロイヤー
スタイリング的には、デモン・ブルーのほうが合うかもしれません。
f0000065_21494996.jpg

ミクロマン・マグネパワーズのスーパーロボット「ロボットマン・ディーン・ブラックVer(トイザらス限定スーパーロボットマン)」とのコラボレート。
最初からこのロボットマン・ディーンの敵役メカとしてどうかと思い購入しましたが、ライバルにするにはちょっと小さめでした。きっと「リーダー・クラス」か「スプリーム・クラス」級の大きさが必要なんでしょうね。
まぁ、でも、大きさ的には頑張ってくれたほうで、まったく話にならないような体格差ではなかったので、ウチではもっぱらこうして遊んでいます。
[PR]
by microtoys | 2009-03-15 21:59 | トランスフォーマー

HPマイクロトイズからのお知らせ 3/13

現在、HP「マイクロトイズの上書き作業が可能になりました。
それに伴いまして、随時ページの書き換え作業を開始しております。
念のため、もう1ヶ所、ホームページ・スペースを借りてありますが、使わなくて済むかもしれません。
まだ、一部のページしか書き替えが済んでおりませんので、大半のページのリンクが旧ページのままとなっています。
いつもご覧いただいておりますみなさまには、大変ご迷惑をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

ページの書き替えが、一段落しましたら、また更新を再開したいと思っております。
[PR]
by microtoys | 2009-03-13 23:49 | 管理人の日常生活

HPマイクロトイズからのお知らせ 3/11

現在、HP「マイクロトイズ」の「FOR SALE」ページでは、何点か商品が「在庫切れ」になっていますが、
ページの上書きができないため、ご注文いただきましたアイテムを削除することができません。
つきましては、この場をお借りして下記に「在庫切れ」アイテムを掲載させていただきますので、
これからご注文をお考えの方は、なにとぞよろしくお願いいたします。

また、このような対応になりましたことを、みなさまに深くお詫び申し上げます。


「在庫切れ」アイテム

 MARVEL LEGENDS SHOWDOWN CYCLOPS U.S版
 MARVEL LEGENDS SHOWDOWN HUMAN TOACHU.S版
 MARVEL LEGENDS SHOWDOWN SILVER SURFER U.S版
 MARVEL LEGENDS SHOWDOWN JUGGERNAUT U.S版
 MARVEL LEGENDS SHOWDOWN GHOST RIDER U.S版
 G.I.JOE VALOR vs VENOM SCARLETT VS SAND SCORPION

HPの不具合についてですが、現在管理会社にお問合わせ中ですが、
まだご返答をいただいておりません。
そのため、このまま放置しておくにも忍びないので、
改善されない可能性も念頭にに置きつつ、
”新しい移転先探し”も、一方で進めて参ろうかと思っています。
個人の趣味でやっておりますことですので、
なるべく維持費のかからない方向で考えておりますので、
落ち着くまで少々お時間がかかるかもしれません。
現在のHPでは、新情報はアップできないため、
真新しい情報は、随時このブログでお伝えしていこうと思います。

いつもご覧いただいておりますみなさまには、大変ご迷惑をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by microtoys | 2009-03-11 21:25 | 管理人の日常生活

やまと1/15 変形モトスレイウ プリス機

 本日のご紹介は、当ブログでは珍しく、国内のおもちゃです。その名も[やまと1/15 変形モトスレイウ プリス機]。
 発売されたのは、去年の7月ですが、ずっと棚に飾ったままにしておいたので、
ご紹介が遅くなりました。去年は変形バイク玩具の1年で、各社からいろいろなアイテムがリリースされていました。
管理人も、その波に乗って、何か1つぐらい手に入れてみようと思って購入したのが本アイテムです。
お値段は、\5600くらいで、去年買ったものの中では、1番高いものかもしれません。
 原作となったOVAアニメは残念ながらまだ、見ていないのですが、未来の”必殺仕置き人”といった内容のようです。
最近では、こういったあまりメジャーとはいえなかった作品まで商品化されるようになって、
トイ・ファンとしては選択肢が増えて嬉しい限りです。ただ、ちょっと目を離すと見かけなくなってしまって、
入手できなくなるのが難点ではありますが…。
 アイテムは、ミクロマンに近い全高11cmサイズのフィギュアに、同スケールの変形バイクがセットされています。
フィギュアは、メタリックな塗装が施された、とてもよい仕上がりとなっています。
 バイクの方は、「モト-サイクル」という名前で、ロボット形態の「モト-ロイド」→パワード・スーツ形態の「モト-スレイヴ」と、
3段活用できます。「モト-ロイド」と「モト-スレイヴ」は、基本的に同じで、中に搭乗者が乗り込むだけの違いとなっています。
こちらは、「よくぞここまで小さく折りたたまれていた!」
という感じに、かなりの大きさのロボットにトランスフォームします。
しかしながら、自立することが難しく、また、変形も容易ではないため、ちょっと遊びにくいアイテムとなっています。
f0000065_16383591.jpg

f0000065_16378100.jpg

ノーマル状態のプリス。ヘッドが大きく、上半身が小さいアニメイテッドナ雰囲気のフィギュアです。
f0000065_16341335.jpg

こちらは、オプションの武装用の右腕を装着したプリス。
f0000065_16273273.jpg

こちらが、モト-サイクル。フィギュアがメタリックなので、塗装などでもっと質感が良ければという感もありますが、変形ものなので、難しいのでしょね~。
f0000065_16304813.jpg

ライディングさせてみました。フィギュアの身長の割に、乗せると不思議とちょうど良いです。ハンドルグリップは、握らせることももちろん可能ですが、とても握らせにくくなっています。
f0000065_16263687.jpg

こちらがモト-ロイド。ちょっと無骨な感じのロボといった感じです。
f0000065_16253159.jpg

パワード・スーツ形態のモト-スレイヴへ換装しました。ある意味で驚愕のギミックを実現させているおもちゃです。
f0000065_1625523.jpg

プリスのフィギュアは、デフォルトでは搭乗できないので、肩のジョイントパーツを長さのあるものに交換・膝関節を若干引き出してストレッチすることにより可能となります。
f0000065_16225577.jpg

ヘッドは可動します。プリスの頭は、内部では、この辺にきています。
f0000065_1622167.jpg

G.I.JOE「 VALOR vs VENOM NINJA LIGHTNIG CYCLE with SNAKE EYES」とのコラボ。ライトニング・サイクルのほうが少し大きめです。スネーク・アイズのほうが体格が良いですが、立つとプリスの方が背が高いです。
f0000065_16195769.jpg

トランスフォーマー・ロボット・マスターズ「ロードロケット」との2ショット。大きさはほぼ同じくらいです。
f0000065_16193492.jpg

ミクロアクションシリーズ「勇者王ガオガイガー 獅子王ガイ」との2ショット。ミクロアクション最大のアイテムであるガイとの相性は一番良いみたいです。
f0000065_16174280.jpg

アクションワークス「宇宙刑事シャイダー」との2ショット。こちらは、実写とアニメの違いはありますが、塗装テイストが同じため、合わせてみました。プリスが女性であることを考慮すると、アクションワークスの宇宙刑事の中でも最大のシャイダーとベストマッチといった感じでしょうか。


 感想としては、ガンガン遊べるおもちゃになれてしまっているせいか、ちょっと扱いにくい印象を受けました。カウルとアーマーの接合などん芋問題があり、改善してほしい点も幾つかあります。
ただ、シリーズが終了してしまっているので、その実現はもうかないません。シリーズ中、一番最初にリリースされたこのプリス機は最も多く売れたようなので、興味をもたれた方は、お早目に探すことをお薦めします。

----------------------------------------------------------

西暦2032年。各種産業や人種がひしめく超過密都市・メガロシティTOKYO、略してメガ東京。かつて東京都と呼ばれていたそこは、7年前に発生した第2次関東大震災からようやく復興を果たし、そこに住む人々は再び平和を迎えていた。しかしその裏では、復興の一方で急速に進歩した科学技術と様々な人種の流入で富を得た人々と、逆に貧しい生活を強いられた弱き人々の存在が浮き彫りとなり、後者による犯罪が日常茶飯事となっていた。それと同時に、本来悪環境下での作業用に開発された筈の亜人・ブーマが用いられる犯罪も急増していた…普通の警察組織ではなく、先の大震災時の暴徒鎮圧を任務としていたADポリスですら、満足には立ち向かえないほどに。

メガ東京に建つファッションビル『LADYS633』の中にあるランジェリーショップ、『シルキードール』。そのオーナーを務める美女・シリア・スティングレイには、裏の顔が存在する。それは現在のこの街を実質上支配する超集合企業体・ゲノムに暗殺された父の仇を討ち、街に蔓延る非合法ブーマから弱き人々を救う為に結成した、シリア達美女4人から成る闇の仕置人・ナイトセイバーズであった。

ゲノムの禍禍しき輝きに満ちるメガ東京の夜を、KSは今夜も駆け抜ける…!


ナイトセイバーズ
プリシラ・S・アサギリ
声 - 大森絹子/立川亮子(クラッシュより)
本作の主人公で日系人。20歳。通称はプリス。表の顔は、ライブハウス『HOT LEGS』で人気のロックバンド『PRISS & REPRICANTS』のボーカル。第2次関東大震災で両親を失い、孤児院で育った。孤児院を出た後は荒んだ生活を送っていた所、親しかった暴走族リーダーをゲノムの為に失ってしまう。復讐を誓う彼女をシリアがスカウトしたことで、KSの一員に。銃器の扱いや格闘能力ではメンバー中最強。普段はスラム街にある放置トラックのコンテナを改造した寝ぐらで暮らしている上、性格はキツ目で口調も男言葉に近いが、パフェが大好物で子供好きという可愛らしい一面もある。

上記の説明文は、
バブルガムクライシス - Wikipediaより抜粋させていただきました。

メカニック
ハードスーツ/ニューハードスーツ
ナイトセイバーズの高性能強化服。自我は持っていないがその素材はブーマそのものといえる。オリジナルスーツはインナースーツを着用してから装着、ニュースーツはインナーメタルを使用する。ブーマとしての存在(自我)を装着者が認めることにより形状が変化、新たな進化を遂げた。
プリス用:青のハードスーツ。武装はナックルボムとキックボム。
シリア用:銀のハードスーツ。武装はソード。
リンナ用:緑のハードスーツ。武装はリボン状のブレードカッター。
ネネ用:赤&ピンクのハードスーツ。主に後方支援で情報面でのバックアップ。武装は腕に仕込まれたニードルガン。

モトスレイブ
声優 - 銀河万丈
ナイジェルが開発したプリス用ハードスーツ支援バイク。高速走行時には形態が変化する。ニューハードスーツ開発時に強化改造されプリス専用のパワードスーツ人型戦闘形態への装着合体が可能となる。最終的にブーマとしての自我を持つに至り、巨大な人型ブーマ(通称ハイパーモトスレイブ)となり最後までプリスを守り続けた。

上記の説明文は、
バブルガムクライシス TOKYO 2040 - Wikipediaより抜粋させていただきました。
[PR]
by microtoys | 2009-03-08 16:50

HPマイクロトイズからのお知らせ

先日移転いたしました管理人の運営しております「マイクロトイズ」ですが、
移転先ホストサーバーの不具合により、
現在ページの上書きアップロードができません。
そのため、管理会社にお問合わせ中ですが、
なにぶん、無料のスペース枠なので、
対応に、お時間がかかってしまう可能性があります。
いつもご覧いただいておりますみなさまには、大変ご迷惑をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

つきましては、HPの「FOR SALE」ページに何人かの方にご注文をいただいておりますが、
ページの上書きができないため、ご注文いただきましたアイテムを削除することができません。
この場をお借りして、すでに売約の入ったアイテムを下記に掲載させていただきますので、
これからご注文をお考えの方は、なにとぞよろしくお願いいたします。

また、このような対応になりましたことを、みなさまに深くお詫び申し上げます。


売約済みアイテム

 MARVEL LEGENDS SHOWDOWN CYCLOPS U.S版
 MARVEL LEGENDS SHOWDOWN HUMAN TOACHU.S版
 MARVEL LEGENDS SHOWDOWN SILVER SURFER U.S版
 MARVEL LEGENDS SHOWDOWN JUGGERNAUT U.S版
 MARVEL LEGENDS SHOWDOWN GHOST RIDER U.S版
[PR]
by microtoys | 2009-03-07 00:38 | 管理人の日常生活

HP マイクロトイズ 移転のお知らせ

 本日は、管理人が運営するHPの移転のお知らせです。

 いつもご覧下さっているみなさまには、長らくご愛顧いただきました当HPですが、規定の容量の使用領域が限界に達したため、このたび新規レンタル・サーバーに移転することになりました。
新しいURLは以下の通りです。

ページタイトル:マイクロトイズ
http://www42.tok2.com/home/microtoys/

 タイトル・ページの体裁ともに、これまでと同じとなっております。
 いつもお世話になっておりますリンク先の方並びに、ご覧になってくださるみなさまには、大変ご面倒をおかけいたしますが、ご登録されているリンクやブックマークの変更をお願いいたします。
 移転に伴いまして、旧ページには新規 URL へのリンクを張っております。今後、3か月ほどはこのご案内のため表示させますが、その後は、このホームページ・スペースを解約する方向で考えております。
 なお、各ページを、多少ですが、リンクの張り替えの編集作業中ですので、もしかしたら若干リンク切れ等が発生するかもしれません。ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。
 今後の新コンテンツのアップおよびリニューアル・コンテンツのアップは、こちらの新規URLの方に行いますので、くれぐれもお間違いのないようにお願いいたします。
 しばらくのあいだ、特定のコンテンツをサーチエンジンの検索でお越しくださろうとしても、行くことができないと思いますので、ご注意くださいませ。

 今後とも当HP「マイクロトイズをよろしくお願いいたします。
[PR]
by microtoys | 2009-03-04 20:56 | 管理人の日常生活

新規リンク先さまを追加しました。

新規リンク先として akikke さんが運営されている
ぶっちぎり!トランスフォーマーベル
を追加させていただきました。

ブログはまだ始めて間もないとのことですが、
意欲的に取り組んでおられ、
マーベル・フィギュアのちょっとしたお手軽で小粋な改造作品や珍しいトランスフォーマーなどを紹介されています。
アメトイが好きでお時間のある方は、どうぞこちらもご覧になってくださいませ!!
画像も大きくてとってもキレイですよ!
[PR]
by microtoys | 2009-03-03 01:06 | 管理人の日常生活

DCインフィナイト・ヒーローズ&マテル・バットマン・ザ・ダークナイト


 家内が手を怪我したので、水を使う炊事を全部やることになりました。
おかげで、今週は結構大変でした。まだ、しばらく続きそうです(汗)。

 
 「また、バットマンのネタか!]」と思われる方もいらっしゃることかと思いますが、元来、のんびりペースなので、なかなかいちどきに紹介しkれません。
 今回は趣向を変えて、以前にも紹介した「DCインフィナイト・ヒーローズのクライシス・シリーズ」と同じマテル社の「バットマン・ザ・ダークナイト」のアイテムのコラボレートです。
 もともと、このクライシス・シリーズは、バットマン・ザ・ダークナイトの4インチ・シリーズがことのほか、好調なセールスを見せたのを受けて、販売されたもので、こちらもセールスは、比較的良くて、現在でもラインナップの拡充が続いています。
 そのため、同アイテムは、バットマン・ザ・ダークナイトの4インチと一緒に並べた時、サイズ・ギャップがありません。
 管理人が今回やっているコラボも、実のところ、半年以上前に見た海外のトイ・ファン・サイトの記事をだいぶ参考にしちゃっています(←パクリかよ)。
 なんで、このフォーマットが急にウケが良くなってきたのかは、よくわかりませんが、以前と違って、探せば見つかるというのは嬉しいことです。
 ただ、残念なことは、この傾向が「e-bay」のセラーに完全に詠まれていて、純粋に欲しいと思っているファンの方が完全に”狙い撃ち”にされている点でしょうか。結構、強気&高値の開始価格で出品されていたりして、ちょっと悲しいことになっちゃっています。

 さてさて、そんなわけで、新品をまともに買うと高かったので、中古品を買った管理人ですが、手に入れてまず、やってみたかったのが、この「ゴードン&ゴッサムシティSWAT」とのコラボですね。
 やってみてわかったのは、このアイテム、ゴードンは、コート姿、SWAT隊員は、防弾ベストにヘルメット着用で若干ボリューム・アップしてみえるため、4インチバットマン等と合わせた時、ちょうどよい感じになるということです。
 ほかのヴィランやヒーローたちとでは、若干サイズ・ギャップがでてしまいますが、このアイテムは、その点を考慮して造られた感があります。
f0000065_23482730.jpg

 まずは、ゴードン本部長。バットマンのよき理解者であり、協力者。拳銃が付属しています。股関節の可動が残念な設計となっていますが、これくらいのポージングならOKです。
f0000065_2349782.jpg

 SWAT隊員との3ショット。隊員は、それぞれ造型が微妙に異なっています。武器は、マシンガンとトンファーのようにも使える警棒。マシンガンは、リアル路線で、誇張されていないので、かなり小ぶりなものとなっています。警棒は、腰部左側のベルト位置にマウント可能になっています。
f0000065_23494963.jpg
 
 ダークナイト版のブルース・ウエインとゴードン。
f0000065_2350288.jpg

 こちらは、ダークナイト版の「ゴッサムシティ・サッグ(暴漢)」。マスクを被った、ただの悪漢です。でも、ちょっとマスクが可愛く見えてあまり怖くないですね~。もっと可動できたら良かったんですけど。
f0000065_235144.jpg

 「ゴッサムシティ・サッグ(暴漢)」とカップリングされている「サーモ・スート・バットマン」。基本となる「バットマン」のリペイントです。商売がウマいなマテルさん。
f0000065_23513981.jpg

 こちらは、ダークナイト版の「スケアクロウ」。ジョーカーとともに、管理人が一番欲しかったキャラです。腰に横ロールの回転軸が設けられているのが特徴です。足は、コートが邪魔して実質的にあまり動かせません。
f0000065_23521561.jpg

 スケアクロウとSWAT隊員。画像を合成でもしないと迫力ある写真にはなりませんね~。
f0000065_002063.jpg

 最後は、バットマンとゴードンの2ショット。ゴードンはダークナイトに登場のそれとは、趣が異なるかも知れませんが、このサイズで2人を並べてみるのが夢の一つだったので、これでやっとかないました。
 この願いも、映画「バットマン・ビギンズ」を観た頃からのものですから、もう随分と前からのものになります。もう一つの願いは、やっぱり相棒のロビンをいつか横に並べてみたいということです。こちらは、バットマンよりも若干小柄ということもOKなキャラですから、クライシス・シリーズで出てくれることを強く期待しています。
 最初は、「乗れそうで乗れないバットマン・ビークル」とか、そんな程度だったんですが、いつの間にかこんな方向にきて、キャラまで指定して欲しくなってしまうとは、人間ってわからないもんですね~。
 最近は、買いたいものがいっぱい増えて、買うものには困らないようなことになってきましたが、それでももっと、いろいろなものがこのサイズで出てくれると嬉しいですね。
[PR]
by microtoys | 2009-03-01 00:03 | バットマン・ザ・ダークナイト



HP microtoysの管理人日記
by microtoys

管理人のご挨拶

ここでは(株)タカラのおもちゃ
「ミクロマン」を中心とした
「ギャラリー」系サイト「micro-toys」の管理人「keiten29」の
日常生活やおもちゃに関する情報、おもちゃの購入記録などを
同じ趣味の人たちに向けて発信しています。
ビジターの方はご意見ご感想など
お気軽にコメントください。

リンク
micro-toys

イシダーネット カフェ

小さな玩具溢れる部屋

Automat.exblog.jp

ミクログ

ホビーさんブログ

遊慈(ゆうじ)のEasy Life

ひろ林檎ブログ

ちいさな窓のある家

ミクロの百日間戦争

ぶっちぎり!トランスフォーマーベル



以前の記事

お気に入りブログ

最新のトラックバック

マダンゴッドレオン(魔弾..
from ひろ林檎ブログ
マダンゴッドレオン(魔弾..
from ひろ林檎ブログ
ジャスティスリーグ・ザ・..
from ホビーさんブログ
乗り物〓 G.I.JOE..
from ホビーさんブログ
トランスフォーマー
from ちょっとした玩具の意味をご紹介

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧